塗料道具箱

ペンキを塗る道具

みなさんがペンキを塗ろうと思った時には、色々と準備が必要になりますね。軍手を用意したり汚れてもかまわない服装に着替えたり・・でも肝心なのは、ペンキが用意できた時、何でそれを塗るかということ。ここでは一般的な塗装道具(方法)について紹介させていただきます。

刷毛(ハケ)塗り

よく使われる方法です。ハケにも色々な種類があります。使われるペンキや使う箇所、面積などによっても様々です。お店で相談すといいでしょう。
大は小を兼ねるといって、大きめのハケを用意すれば事足りると思われるでしょうが、狭い所は小さいハケ、広い所は大きいハケと使いわけたほうが、上がりもきれいにあがるし時間も短縮できます。

利点・・・手軽である。塗る物の形を選ばず、狭い所や手の入りにくい所、コーナー部まで塗装することができる。マスキングが簡単。

欠点・・・広くて大きな物を塗る時にはハケ目(毛の筋のようなもの)が出やすい。

ローラー塗り

これも種類は様々です。毛足の長い物、短い物、太い物、細い物、ここでは紹介しきれないくらいです。外壁、内壁、浴室の壁など使われるペンキも箇所も様々でしょう。
どのようなローラーが自分の希望に合うか、お店の人によく相談してください。
 

利点・・・塗装が簡単。塗りムラが出にくいため、広くて平らな面積を塗るには最適。
ハケ塗りよりも疲れにくいしハケ目のような筋状の模様も出にくい。マスキングが簡単。

欠点・・・狭い所やコーナー部にはローラーが届かない為塗装できない。塗装するものの大きさや形状によって使えない場合

スプレー塗り

今や、色々なペンキがスプレー缶に入って販売されています。手軽さや仕上がりという点では申し分ないでしょう。時にはプロ顔負けのスプレーガンを使いたいなんていう方も・・・。

利点・・・手軽である。仕上がり面が美しい。

欠点・・・塗装自体にテクニックが必要。どうしても飛び散る性質の為、マスキングや近隣へのペンキの飛散など注意が必要。室内での使用には不向き。スプレーガンを使いたい方は、コンプレッサーなどの設備や関連道具が必要。

このページの上へ